マリマリのブログ

日々の気づき、読書メモなど

オードリー・タン 天才IT相 7つの顔

Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔 (文春e-book)

気がつくと二ヶ月も空白が。。。久しぶりにブログ更新しま〜す。


「オードリー・タン 天才IT相7つの顔」のご紹介。

台湾の若きIT大臣で、マスクを公平に配布するシステムを作った人。
ニュースで見聞きしていたオードリー・タンに関する情報はそれくらいでした。


不思議な雰囲気の人だなあ、ってのが写真をみたときに感じたこと。(山下達郎?と一瞬見間違えたw)
そこからなんだか気になっていて、Kindleのおすすめに上がってきていたのを読んでみたのです。

 

本では彼女の7つの顔がひとつずつエピソードとして紹介されています。

 

ひとつめは、IT大臣としての顔。
台湾にはg0v(零時政府・ゼロガバメント)というシビックハッカー、すなわち市民の政治参加に関心を持つプログラマー7000名以上からなるコミュニティがあって、タンも設立当初からここの主要メンバーでした。
マスク配布アプリが計画からなんと3日でリリースできたのは、このコミュニティの協力があってのことだったそうです。

 

オードリー・タンはIQ180の天才ハッカーと言われてるんですけど、この本を読んで感じたのは、彼女の共感力の高さでした。
どんな相手に対しても理解しようと努め、敵対ではなく協力関係を結ぼうとする態度が徹底しているのです。

 

タンが作ったシステムに、通称JOINと呼ばれる「公共政策プラットフォーム」があります。ここでは市民の誰もが政策を提案でき、それに5000名以上の署名が集まれば提案者が招かれて関係部会と対話できるようになっているんですって。タンはファシリテーターとして官民間の意思疎通を図り、実行可能で有効な政策が生み出せる場所を作っているのです。

 

エピソード2から6は、オードリー・タンの少年時代から現在までが描かれています。小学校ではいじめなどにあって登校拒否。台湾では日本よりも登校拒否に対する風当たりが強かったそうで、父親が留学していたドイツに家族で引っ越し。子どもの成長を育む環境でのびのびと学んだタンは、そのまま中学に進学するかと思いきや「僕は台湾に帰って教育を変えたい」と戻り。

中学卒業後は、「内なる心の呼び声」に従って、高校へは進学せずにITの道でパイオニアになることを選んだのです。

 

14歳のタンはプログラミング言語Perlのコミュニティに参加。メンターや仲間と出会い、ネット空間やリアルの場所で、伝説的な人物からも学びを深め、彼自身が伝説となっていきました。

24歳で性別を超えて女性となり、35歳でデジタルIT大臣に。

彼女は詩人でもあります。

 

デジタルIT大臣の仕事は?との問いに答えた彼女の詩をご紹介します。

 

モノのインターネット(IoT)があるなら、ヒトのインターネット(IoB)も作ろう

仮想現実を見るなら、それを共有現実にしましょう

機械学習をするなら、それを協働学習でやりましょう

ユーザー体験は、人としての体験に変えましょう

シンギュラリティの足音が聞こえたら、わたしたちのプルラリティ(多元性)を思い出しましょう

 

人とのつながりをほんとうに大事にしているんだなあ。

冷静でとてもクールでなんだけれど、どんな人の意見にも耳を傾け、最善の道をみんなで探していこうとしているのです。

こんな人がいたなんて。

明るい未来を予感させてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

女子高生社長、経営を学ぶ

女子高生社長、経営を学ぶ

図書館で見つけて、なんとなく借りてみました。

起業した女子高生は、お父さんも起業家で、「鷹の爪」というフラッシュアニメ(わたしは見たことなかったけど)や、東京ガールズコレクション(これは知ってる!)をプロデュースした人だそうです。

 

このお父さんが、自分のこれまでの経験を踏まえて、娘に「経営とはなんぞや」を教える対談形式なんですが、お父さんも娘と対等な立場で話し、若い人の観点を面白がって取り入れようとしているところもあって、いい関係だなーって思いました。

 

教育方針は「できるだけ勘違いさせて育てる」だったそうですから素晴らしい。

「わたしはもうスーパースターになってないといけないはずなのに、なんでまだこうなの?」

なんて言いながら、目標を実現させるために考え、人の話を聞き、行動してる娘。

そんな娘を少し離れた場所から暖かく見守ってるお父さんの姿が素敵でした。

 

後半は、お父さんの起業のリアルな経験談や失敗談、そこから起死回生する話で、これがまたおもしろかった!

 

「感謝、謙虚、全力」が起業の、そして人生のキーワード。

父からの言葉が娘の会社の社名になってるんですね。

雑談の一流、二流、三流

雑談の一流、二流、三流

雑談とかおしゃべりって苦手なんです。

聞いてるのは好きなんですけど、自分が話せないからついつい避けてしまう。

誰も話していない中で自分から話を始めるのには勇気がいります。

そんなわたしにぴったりな本でした!

 

雑談の目的は、自分と相手にとって心地よい空間をつくること。

自分がおもしろい話をしゃべることよりも、相手に気持ちよく話してもらうのが大事なんですって。

 

自分から話さなくてもいい、ってのは朗報です。

 

・雑談上手は話させ上手。

相手の話を受け、「ということは?」「そうすると〜」「ちなみに」と接続詞を使って話を広げる

深く考えなくても答えられるような、具体的な質問をする (例えば、「最近忙しい?」と聞くよりも、「お休み取れてる?」と聞くとか)

・ほめるときは、具体的な追加の質問をプラスする (お似合いですね!それってオーダーメイド?)

・話が止まってしまったときは、前の話題から「そういえば」 と連想した話題をふってみる

 

・・・それがなかなか思いつかないんてすけどね。

 

・困った話題になってしまったときどうするか。

①ネガティブな話は、しっかり受け止め全力で励ます

②同意できない意見を言われたときは、違いをおもしろがって、少しずらした質問をする

 

これ、即効性ありました。

ネガティブな話や変な主張をされると、どう反応したらいいかわからなくて困ってたんですが、「相手をプラスの気持ちにさせるこれをめざす」 という着地点がわかったので、気持ちが楽になりました。

まだちゃんとはできてないけど。

 

相手をよくみて観察し、何に喜び何を求め、どうしたら心を開いてくれるかを研究する

そこから雑談=人とのつながりができていくんだな、そう思いました。

 

雑談の一流、行けるかな〜

プロジェクト・ミント 第1期プログラム始動

プロジェクト・ミントの第1期プログラムがはじまりました。

6月の説明会に参加してからはや4ヶ月。

 margaritan.hatenablog.com

 

 その間に開催された説明会や交流会、体験会にほぼすべて参加しまして、これは絶対おもしろそう!やってみたい!という気持ちはつのるばかり。

だけど、10週間のプログラム中、最初の3週間は東京で開催となると、これはちょっと難しい。そう思って半ばあきらめていたのです。

 

ですが、最後の説明会で聞いてみたところ、海外や九州からの参加希望者もいることから、オンライン参加できるように変えているところです、という嬉しいお知らせがありまして。

 晴れて第一期生となりました。

 

ミントのプログラムは

1. 自己探求・自己認識を深め、自分の課題(=社会の課題)を発見する

2.   システム思考やデザイン思考、リーダーシップや交渉についてのアクティブラーニングによる学び

3. 専属コーチによる毎週のコーチン

から成り立っていて、毎週1.5時間×3回のクラスセッション+1時間のコーチング。

 

まだ始まったばかりですが、ここで知り合う参加者も関係者もいろいろな経歴や背景を持つ人たちで、「そんな人がいるのか-」といちいち驚かされます。

世界は思ったより広くて、想像を超えたものがたくさんある。

本やドラマの中だけじゃなく現実に。

そんな入り口のところでもうワクワクしています。

 

(向こうから見たらわたしもそうだったらいいなあ。)


f:id:Margaritan:20201024141530j:image

ストレングス勉強会~内省

ストレングスコーチ・岩下裕美さんのストレングス勉強会に参加しました。

いわした@ストレングスコーチ (@yumi_sf) on Twitter

今回は「内省」。わたしは10位なので、比較的高めの資質です。

 

内省の資質を持つ人は、考えることが好き。いつも頭の中でぐるぐる考えている。

だから、ひとりでゆっくり考える時間が必要で、忙しすぎたり急に質問されたりするとイライラしてしまう。

そんな資質です。

 

参加者はわたしも含めて9名で、内省の順位は2位の人から29位の人までさまざまだったので、いろんな意見が聞けました。

 

内省が高めの人のエピソード

・考えていて電車を乗り過ごしたり、ドラマを見ていても気になったことを考えているうちにエピソードが進んでしまうときがある

・ずっと考えているのが嫌で、紙に書き出してもまた次が浮かんでくる

・頭の中に人がいて、ずっとしゃべっている感じ

・ひとり時間が必要なので、結婚できないのではないかと心配

・考えることがゴールだから、行動するには別の資質を使う

 

内省が低めの人のコメント

・ひとりで考える時間は5分か10分あればじゅうぶん

・反省会の意味がわからなかった

・答えが出ないと考えるのをやめる

・カフェでひとりでいる人が不思議だった

 

わたしは、内省が高い人ほどまでは考えてないけど、低い人のコメントにはびっくりしました。やっぱり中間くらいなんですね。

 

内省の低い人から、「答えが出ないときはどうするんですか?」と質問がありまして、その答えが驚きでした。

・いつもいろいろシミュレーションして、決めるまで時間をかけますね

・決めなくちゃ行けないときは、ざっくりとやった方がいいかやらない方がいいかを考えます

 自分のミッションと合うか合わないか。投資とリターンがみあうかどうか。

・すぐに決まらない場合は、決まるまで考えます。

 

考えるプロだ。

わたしはそんなふうにロジカルに考えてなくて、行き当たりばったりです。

ちょっとマネしてみたくなりました。

 

自分にないものの見方や考え方を聞くと、いかに自分が偏った見方・考え方をしているのかよくわかります。

ストレングスってやっぱりおもしろい。

自分の頭で考えて動く部下の育て方~上司1年生の教科書

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

実は初めて部下を持つことになりまして。新入社員を指導することになったのです。

 うまく指導できるかなあ・・ってことで読んでみました。

 

書いてあったのは

・上司は部下より無能でかまわない

・威厳はなくていい、

・仕事は教えるなかれ

・質問されても答えてはいけない

・モチベーションを上げなくてもいい

 

ええー。そうなのー?

威厳はないけど、仕事は教えちゃってるなあ。

 

・上司がめざすべきは、部下が気持ちよく働ける環境を整え、仕事を責任持って自分事として捕らえられるようにサポートすること。

・考える材料は提供し、答えは教えない。

どんな仮説が考えられるか?を問いかけ、部下の意見を聞き、それを面白がる。

 

 

いやあ、答えを教えちゃう方が早いって思うから、なかなか難しいですよこれは。

だけど、

”人から教えられた答えはすぐに忘れるけれど、自分で考え出した答えは絶対忘れない”

と言われると確かにそうだ。

 

・部下に期待しない。

期待というのは、上司の理想の押しつけになりがちだから。

期待ではなく、信頼する。部下の成長を信じて待つ。

 

 

答えを教えないのも、部下の中から斬新なあたらしい答えが出てくるのを信じているからかもしれません。

 

これで上司のハードルは、上がったのか、下がったのか、どっちかな?

ミッドナイトスワンのつづき

 昨日書いた「ミッドナイトスワン」の続きです。

margaritan.hatenablog.com

 凪沙を演じているのは草彅剛くんなんですけど

映画の中の凪沙は、凪沙以外のなにものでもない感じがしました。

 

映画の宣伝で草彅剛くんがしゃべっているのを見ても

そこには凪沙はいなんです。まるっきり。

どこにいったの?って探してしまいそうになるほど。

 

内田英治監督によると、凪沙のシーンはリハーサルもなく一発取りだったとか。

草彅剛くんも、「演じようとせず、感じるままに動いた」と。

 

ガラスの仮面」の北島マヤみたい。

 

まだしばらくは凪沙のいる世界に漂っています。